基礎から学ぶ不整脈心電図:基礎から代表的な心電図の読み方まで(2021.0910.9-0912.21)(全0本)

あなたの保有コンテンツ(申し込まれた講座)
★ご購入された講座は、この画面中段の【このセットの動画一覧】からご視聴いただけます。
各種ご案内(重要事項掲載:必ず閲覧して下さい
☆「セット内容(全7本)」は視聴直前にアップいたします

【配信内容】
基礎から学ぶ不整脈心電図:基礎から代表的な心電図の読み方まで
【販売期間】
各セミナー案内詳細の上部に記載
【配信期間】
2021年9月10日(金)9:00 ~12日(日)21:00 ※期間中は何回でも視聴できます
【講義時間】
レクチャー7パート、トータル110分
【視聴価格】
オープン記念価格 2,970円(本体価格2,700円) ※通常税込価格 3300円
【キャンセル】
販売内容の性質上、一度ご購入いただきました商品のキャンセルはできません

【講師】
 松井由美恵(大阪府済生会泉尾病院循環器内科部長)
【講義内容】
1.基本編①:刺激伝導系、不整脈解析の手順、心拍数の数えかた(約23分)
2.基本編②:基本調律、刺激伝導系、正常洞調律、不整脈解析のポイント、期外収縮(約15分)
3.頻脈性不整脈①:洞性頻脈、心室頻拍、心室粗動、発作性上室頻拍(PSVT)(約17分)
4.頻脈性不整脈②:心房細動(AF)、心室細動(VF)(約13分)
5.徐脈性不整脈①:洞不全症候群、房室ブロック(約18分)
6.徐脈性不整脈②:高度房室ブロック、完全房室ブロック(約12分)
7.徐脈性不整脈③:ペースメーカー心電図(約12分)

 
 いつの時代にも「モニター心電図を見て迅速に不整脈の診断ができるようになりたい。」「効率の良い勉強方法があれば知りたい。」という声をよく聞きます。最近は看護師さんのみならず、多職種のスタッフがモニター心電図の勉強会に参加される時代になりました。私は15年以上前から、年に数回モニター心電図の不整脈診断のレクチャーを講義形式で開催してきました。しかしながら、セミナー参加を希望されるも勤務が重なったり遠方のために参加できない方も多数おられました。
 この度、私の心電図セミナーもWebによるオンラインで受講していただく形式に変更いたしました。これにより受講者の方々のご都合の良い時期に、ゆっくりと繰り返して学んでいただけることができます。しかも常に「スライドが目の前にある」という利点を考えるとWebセミナーは心電図の学習に関してこれまでになかった最も効率の良い方法であると思います。私の伝えたいことがこれまでよりもっと多くの方々に確実にお伝えできることを願って、皆様のご視聴を心よりお待ちしています。

【セミナーテキスト】
「関連ファイルダウンロード」をクリックしてテキストをダウンロードしてください
・テキスト保存形式:PDF
・スライド枚数:124枚(映像とスライドは全く同じというわけではありません)
※以下、ご注意ください
1ページあたりのスライド枚数を決めて印刷してください。
例①:A4横1ページに4スライド(お勧めします)
例②:A4縦1ページに6スライド
【著作権など】 ←クリック
■画面の録画・撮影および複写が判明しますとただちに通報の対象になります

このセットの動画一覧

関連動画

コメント

ログイン、もしくは会員登録いただくと、コメントできます。

もっとみる