看護に役立つ『泌尿器科の知識』(2021.1127.9-1128.21)(全0本)

☆ご購入された方:あなたが申し込まれたセミナー(あなたの保有コンテンツ)←クリック
ご購入された講座は・・・
 ●パソコンの場合はこの画面の下のほうの【このセットの動画一覧】
 ●スマホ、ipadなどは上の【セット内容】
からご視聴いただけます。


各種ご案内(重要事項掲載:必ず閲覧して下さい
☆「セット内容」は視聴直前にアップいたします

【配信内容】
看護に役立つ『泌尿器科の知識』-基礎知識と排尿障害・悪性腫瘍・前立腺癌-
【販売期間】
各セミナー案内詳細の上部に記載
【配信期間】
  2021年11月27日(土)9:00~11月28日(日)21:00※期間中は何回でも視聴できます
【講義時間】
  
約206分
【視聴価格】
  税込価格 3,300円(本体価格3,000円)
【定員】
  
定員になり次第締め切らせていただきます
【講師】
  服部一紀(聖路加国際病院泌尿器科部長)
【講義内容】
1.泌尿器科疾患の基礎知識1:解剖など、症状別の原因と評価方法、血尿、頻尿と尿失禁、排尿時痛、排尿困難、尿閉、導尿とカテーテル留置、疼痛、側腹部痛、尿路結石(31分)
2.泌尿器科疾患の基礎知識2:腫大腫脹、小児の泌尿器科疾患、発熱、発熱を生じる尿路感染症、尿道炎、尿道ステント、尿検査、尿培養検査、PSA、外傷、腎外傷、腎破裂、精巣外傷、精巣破裂、膀胱・尿道損傷、女性の骨盤臓器脱、腹腔鏡下仙骨子宮固定術(27分)
3.排尿障害と尿失禁の考え方と治療1:正常な排尿とその仕組み、排尿機能の評価、排尿に関する主な症状とその評価(頻尿、夜間頻尿)(30分)
4.排尿障害と尿失禁の考え方と治療2:排尿障害の疾患と治療(過活動膀胱OBA、前立腺肥大症と手術)、尿失禁のタイプ(切迫性、腹圧性その他)、手術療法、清潔間欠自己導尿CIC、留置カテーテル(38分)
5.腎がんと膀胱がんの診断と治療:腎がん(疫学、症状、評価、治療、術後合併症、分子標的薬、免疫治療)、膀胱がん(疫学、症状、検査、治療、BCG膀胱注入療法、尿路変更術、術前術後の管理)(42分)
6.前立腺がんの診断と治療:特徴、前立腺生検の方法、手術治療、放射線治療、粒子線治療、内分泌療法など(38分)

 人口の高齢化に伴い、排尿に関する問題をはじめとして泌尿器科的な問題を抱える患者さんは増える一方です。泌尿器科は、排尿のトラブルだけでなく、泌尿生殖器の悪性腫瘍、尿路結石、尿路感染症のほか、腎移植や小児泌尿器疾患など多彩な疾患を扱う専門分野です。最近では、分子標的薬の登場やレーザー手術、ロボット支援手術など、従来になかった新しい治療法も開発され、治療内容も複雑化してきました。
 このセミナーでは、主に泌尿科診療に携わるナースの方々を対象に、泌尿器科診療の基礎から最新治療までをわかりやすく解説いたします。膨大な泌尿器科診療のすべてをこのオンラインセミナーでカバーするのは不可能ですが、特に頻度の高い疾患を中心に診療の内容や重要と思われる点をお伝えするプログラムにいたしました。
 最近、泌尿器科に配属になった方はもちろんのこと、すでにご経験のある方にとっても、知識を整理するための良い機会になると確信しております。
 多くの方のご視聴をお待ちしております。

【セミナーテキスト】
「関連ファイルダウンロード」をクリックしてテキストをダウンロードしてください
・テキスト保存形式:PDF
・スライド枚数:映像とスライドは全く同じというわけではありません
1.泌尿器科疾患の基礎知識(46枚)
2.排尿障害と尿失禁の考え方と治療(59枚)
3.腎がんと膀胱がんの診断と治療(45枚)
4.前立腺がんの診断と治療(46枚)
※以下、ご注意ください
1ページあたりのスライド枚数を決めて印刷してください。
例①:A4横1ページに4スライド
例②:A4縦1ページに6スライド
【著作権など】 ←クリック
■画面の録画・撮影および複写が判明しますとただちに通報の対象になります
購入する(3,300円)

このセットは2021年11月24日 00時00分に販売終了予定です。

購入済の方は、ログインすると視聴できます
販売開始 販売終了 配信開始 配信終了

関連ファイルダウンロード

  • テキスト 泌尿器1 基礎知識.pdf(1.04 MB) 
  • テキスト 泌尿器2 排尿障害と尿失禁.pdf(2.52 MB) 
  • テキスト 泌尿器3 腎がん膀胱がん.pdf(2.56 MB) 
  • テキスト 泌尿器4 前立腺がん.pdf(1.39 MB) 

カテゴリ

外科  >   泌尿器科

このセットの動画一覧

関連動画

コメント

ログイン、もしくは会員登録いただくと、コメントできます。

もっとみる