2022.0910-0911 誤嚥性肺炎の予防・治療のストラテジーセミナー(全0本)

☆ご購入された方:あなたが申し込まれたセミナー(あなたの保有コンテンツ)←クリック
ご購入された講座は・・・
 ●パソコンの場合はこの画面の下のほうの【このセットの動画一覧】
 ●スマホ、ipadなどは上の【セット内容】
からご視聴いただけます。


各種ご案内(重要事項掲載:必ず閲覧して下さい)
☆「セット内容」は視聴直前にアップいたします

【配信内容】
誤嚥性肺炎 予防・治療のストラテジー  
【販売期間】
各セミナー案内詳細の上部に記載
【配信期間】
2022年9月10日(土)9:00~11日(日)21:00 ※期間中は何回でも視聴できます
【講義時間】
約45分
【視聴価格】
本体価格2,300円(税込価格2,530円)
【定員】
定員になり次第締め切らせていただきます
【講師】
 野原幹司(大阪大学大学院歯学研究科顎口腔機能治療学教室准教授)
【講義内容】
1.誤嚥性肺炎①:(約21分)
2.誤嚥性肺炎②:(約24分)
●誤嚥性肺炎とは
●症例提示
●誤嚥性肺炎と誤嚥性肺臓炎
●びまん性嚥下性細気管支炎
●誤嚥と肺の障害

 誤嚥性肺炎には多面性があります。誤嚥からみると「食べ物を誤嚥したら生じる肺炎」であり、肺炎からみると「抗菌薬で治療する肺炎」という、ややもすると矛盾(アタリマエですが抗菌薬は食べ物には効かない)した印象を持たれる病態です。では、そのどちらが正しいかというと、そのどちらも正しく誤嚥性肺炎の病態(の一面)を示しています。
 臨床での誤嚥性肺炎には「狭義の誤嚥性肺炎」と「誤嚥性肺臓炎」「びまん性嚥下性細気管支炎」が含まれています。それら3者はオーバーラップすることがあるものの別の病態であり、経過や治療方針は大きく異なります。
 本Webセミナーでは、この3者の臨床像を解説し、それぞれの対応法をロジカルに解説します。「誤嚥性肺炎は『とりあえず口腔ケア』『あえて経口摂取させる』『とりあえず抗菌薬』」といったパターン化した予防・治療から一歩抜け出すチャンスです!ぜひご覧ください!

【セミナーテキスト】
「関連ファイルダウンロード」をクリックしてテキストをダウンロードしてください
・テキスト保存形式:PDF
・スライド枚数:30枚(映像とスライドは全く同じというわけではありません)
※以下、ご注意ください
1ページあたりのスライド枚数を決めて印刷してください。
例①:A4横1ページに4スライド
例②:A4縦1ページに6スライド
【著作権など】 ←クリック
■画面の録画・撮影および複写が判明しますとただちに通報の対象になります

0

購入する(2,530円)

このセットは2022年09月07日 00時00分に販売終了予定です。

購入済の方は、ログインすると視聴できます
販売開始 販売終了 配信開始 配信終了

関連ファイルダウンロード

  • テキスト 誤嚥性肺炎予防治療.pdf(3.06 MB) 

このセットの動画一覧

関連動画

コメント

ログイン、もしくは会員登録いただくと、コメントできます。

もっとみる