摂食嚥下リハビリテーション:「食を支援する」という視点も含めて(4.2012.0629-0630)(全3本)

購入済の会員様はこちら(すでにお支払いが済んでいる方の視聴サイト)
☆ 視聴のお申し込み方法
☆ 新規会員登録
☆ 会員登録できない方へ
☆ お支払方法
☆ 配信時間の表示について
☆ 対応機器
☆ 著作権
☆ 無料ダイジェスト版
☆ お問い合わせ
 
【配信内容】
摂食嚥下リハビリテーション「食を支援する」という視点も含めて

【販売期間】
各セミナー案内詳細の上部に記載

【配信期間】
2021年6月29日(火)9:00~6月30日(水)21:00 ※期間中は何回でも視聴できます

他の開催日:
 1.6/2(水)9:00 ~ 6/3(木)21:00
 2.6/4(金)9:00 ~ 6/5(土)21:00
 3.6/18(金)9:00 ~ 6/19(土)21:00

 
【講義時間】
約56分

【視聴価格】
オープン記念価格 2200円(本体価格 2000円) ※通常税込価格 2750円~

【キャンセル】
販売内容の性質上、一度ご購入いただきました商品のキャンセルはできません

【講師】
 野原幹司(大阪大学大学院歯学研究科顎口腔機能治療学教室准教授)

【講義内容】
1.摂食嚥下リハビリテーション①:キュアからケアへ、訓練から支援へ(約14分)
2.摂食嚥下リハビリテーション②:嚥下の五期、先行期、準備期、口腔期(約20分)
3.摂食嚥下リハビリテーション③:咽頭期、食道期(約22分)

「嚥下障害で困っている患者さんの力になりたい」というのは患者さんに対峙している皆さんの共通した思いでしょう。でも、嚥下障害への対応というと、いろいろな嚥下訓練が思い浮かび「難しそう」「専門じゃないから分からない」というイメージを持つ方もおられるかもしれません。しかし、嚥下障害への対応としては重要なのは、嚥下訓練以上に「食を支援する」というケアの視点です。「どうすればおいしく食べられるか」「どうすれば飲み込みやすいか」を患者さんの気持ちになって考えていくのが「ケアの視点で行う摂食嚥下リハ」です。
 本webセミナーでは具体的な嚥下障害のケア方法を、動画を交えて分かりやすく解説します。「嚥下訓練をしないと…」と思われるかもしれませんが、訓練をしなくても、適切なケアを行えば安全に食べられるようになる患者さんは確実に増えます。
 ぜひこのwebセミナーをご覧いただき実践してみてください。「ケアの視点で行う摂食嚥下リハ」の効果が体験できるはずです。

【セミナーテキスト】
「関連ファイルダウンロード」をクリックしてテキストをダウンロードしてください
・テキスト保存形式:PDF
・スライド枚数:35枚(映像とスライドは全く同じというわけではありません)
※以下、ご注意ください
1ページあたりのスライド枚数を決めて印刷してください。
例①:A4横1ページに4スライド
例②:A4縦1ページに6スライド

 
【著作権など】 ←クリック
■画面の録画・撮影および複写が判明しますとただちに通報の対象になります
購入する(2,200円)

このセットは2021年06月23日 00時00分に販売終了予定です。

購入済の方は、ログインすると視聴できます
販売開始 販売終了 配信開始 配信終了

関連ファイルダウンロード

  • テキスト 摂食嚥下リハビリーション.pdf(9.98 MB) 

このセットの動画一覧

関連動画

コメント

ログイン、もしくは会員登録いただくと、コメントできます。

もっとみる